カードローン比較

スポンサードリンク

カードローンとはクレジットカード・ローンカードや銀行のキャッシュカードを使用して一定の限度額内であれば自由に借り入れや返済が出来る小口のローンのことです。ローン利用者にカードが発行されることからカードローンと呼ばれるようになりました。カードローンの返済方法は毎月一定額を返済するリボルビング払いが主流です。ところで、ローンといえばカードローン以外にも住宅ローン、自動車ローン、教育ローンなどがありますが、これらのローンでは借りた資金の使い道が限定されています。しかしながらカードローンでは借りた資金の使い道は限定されず自由です。さらに他のローンと違って担保も要求されません。ただし、使い道が自由で担保も要求されない代わりに金利は高めに設定されています。カードローンの種類には取り扱い金融機関によって、銀行系カードローン、信販会社系カードローン、消費者金融系カードローンなどがあります。例えば銀行口座を開設すると、キャッシュカードとは別にローン用のカードを勧められたり、カードローンが付帯したキャッシュカードを勧められたりすることがあります。カードローンやキャッシングは上手に利用するととても便利です。例えば平日の夜間や週末に急にお金が必要になったとき銀行の貯金を下ろすと105円の手数料を取られますから、カードローンの一定期間無利息のサービスを利用したほうが得です。このように上手に利用すればカードローンも怖いものではありません。

カードローンで損しない為に

カードローンを利用するとCDやATMなどで気軽にお金を借りることができます。カードローンでは申し込みの時点で一定限度の利用枠が定められており、その限度額の範囲内であればいつでもお金の借入や返済ができます。クレジットカード、キャッシュカード、ローンカードなどでカードローンが利用できます。カードローンの特徴は借りたお金の用途制限がなく無担保である点です。カードローン以外にも住宅ローン、ブライダルローン、教育ローン、自動車ローンなどがありますが、いずれも用途制限があり担保も要求されます。ただ、カードローンも良いことばかりではありません。カードローンのデメリットは、用途制限がないことと担保が必要ないことの代償として金利が高めに設定されている点です。カードローンは銀行、信販会社、消費者金融などの民間の金融機関で申し込むことができます。住宅ローン、教育ローン、自動車ローンなどの用途限定ローンよりも高い金利を取れるため、カードローンの契約に力を入れている銀行や信販会社も多く、一部の銀行では頼みもしないのに執拗に勧められることもあります。給料日前に生活費が足りなくなった・・・、予想外の冠婚葬祭の急な出費に・・・、このような場面では何かと便利なカードローンですが、やはり金利は高いので利用は最小限に留めておきたいものです。まだ限度額があるから・・・なんて貯金代わりにお金を引き出しているとどんどんローンが膨らみカード破産にもなりかねません。

カードローン比較と金利 得する為のマル秘知識

スポンサードリンク

カードローン比較と金利 得する為のマル秘知識

カードローンをお得い利用する為の比較方法や低金利の目安、そして、銀行系・信販系等によるカードローンの違い等々、損しない為の最新情報をお届けいたします!